<店長の独り言>
お年賀状を書く時間がなかったので、
年があけてから干支のタオルと一緒に年始草々年賀状をくださった方へ送りました。

お年賀タオルによくつかわれる縁起のいい黄色は金運アップの色、
一般に黄色のタオルはあまりみませんから喜んでいただけたと思います。
受け取ったと丁寧にお返事やお電話をくださる方もいて恐縮してます。

新年のご挨拶と宛名両方とも印刷という方もいて、え~っ!と思いますが
年末忙しかったのだろうとおもいますが、ちょっとね。

また家族に病人がいたりすると賀状書きどころではないからだんだんと疎遠になり
こうやって賀状に見切りをつけるのかとちょっと寂しく感じたりします。

小学校高学年の時の図工の先生(芸大卒)へはず~~~~っと賀状をだしていました。
先生の印刷される賀状の絵柄がとてもおしゃれでアルバムにしているほど
しかし数年前、今後賀状書きは体力的に無理なのであしからず、という言葉がありました。

しばらくは近況報告をかねてこちらからは賀状をだしていましたが、
受け取るほうも負担になるかもしれない考え今年は省略、お元気だといいのですが。。。