日本ではメロディを奏でるミュージックボックスやメロディボックスのことをオルゴール(日本語)と呼びますが、音源に金属の櫛歯を使うものを世界では「Orgel」と呼びます。

オルゴールボールは中央に金属の櫛歯があり、球体を振ると内部にある金属片がその櫛歯に当たり摩訶不思議な音を立てる仕組みです。

オルゴールボールはメロディを奏でる商品ではなく、鈴のように振って音色を楽しむ商品ですが、音が重なり合って聞こえるのが単音の鈴との相違点です。

「別名天使のささやき」と呼ばれてるように、鈴のような音色ではなく自分だけに耳元で囁いてくれる優しい音色が特徴です。
個性溢れるペンダントトップ

癒しの音色のハーモニー♪オルゴールボール蝶々

販売価格
4,180円(税込み)
在庫
0
商品コード
20CHO

数量

-
+
在庫切れのため注文いただけません。
便種
宅急便
★オルゴールボールの歴史
紀元前ヨーロッパのケルト民族の世界にはDruid(ドルイド)と呼ばれる神官達がいました。ドルイドは自然と一体化し、深い瞑想を行うためにドルイドベルと呼ばれる神秘的な鈴を創り出しました。

その後ドルイドベルは機械仕掛けのオルゴールへと発達し、そのもととなったドルイドベルの存在は忘れ去られましたが、

20世紀初めドイツ人の銀細工師がドルイドベルを復元し、複製がつくられるようになりました。

そして米国ハーモニー社がメキシコ工場で生産し、ハーモニーボール名称で世界中で販売、株式会社キャズテックは日本代理店契約して輸入販売しました。

そののち米国ハーモニー社が事業撤退した為に、株式会社キャズテックがオルゴールボールという名称で商標登録して販売継続、

厳しい品質管理のもと直輸入品と差別化して現在に至ります。

特許庁商標登録 Orgel Ball 4927065号

商品詳細

■廃盤商品メーカー蔵出し商品残2個、モチーフはきれいな蝶々、銀色と金色の色差がはっきりしていて美しい仕上がり、音色もささやかに響きます。

■ロジウムメッキ&ゴールドメッキ、最終加工日本、球径20mmのサクランボサイズ

■素材はジャーマンシルバーと呼ばれるニッケル、亜鉛、銅による合金、透明エンビケースいり、説明書あり

■取り扱い:水濡れ不可、修理不可、ロジウムはさびないので手入れが簡単、シルバー磨き布不可、柔らかい布でお手入れをお願いします。

【重要なお知らせ】1個の出荷はネコポスで郵便ボックス配達追跡番号あり、2個以上はコンパクト便、ギフト希望はオルゴールボール箱包装のため宅急便だけ、当店で修正して出荷します。